税金

経費で落ちない?そんなの関係ねえ!何が経費かは俺が決める!

サンチェ先生

こんにちは、起業歴28年のサンチェです。

今回はフリーランスや自営業さんの永遠の課題、経費関係のお話ですね。苦手意識を持ってる方が多いと思いますが大丈夫。

難しく考えないで…大事なのは「こじつけ力」だ!

経費かどうかはまず自分で決める

自営業、フリーランス、会社経営をやっていると、何が経費になるのかよくわからない事がありますよね。

国税庁のサイトタックスアンサーである程度の基準が調べれますが、実際の判断基準はズバリ

その支出が仕事に関係あるか

という事なので、こじつけでも何でもいいのでその支出が仕事のどの部分に影響しているかを捻り出して下さい。

  • 喫茶店:仕事を捗らせる為に気分転換で場所を変えた
  • 映画館:職場の人間関係を向上させる為に、知識を得る為に観た
  • 高級時計:経営者同士の打ち合わせを兼ねたパーティでドレスコードが有ったので購入せざるを得なかった
  • 自宅の家賃:書斎は仕事でしか使わないので自宅の1/4の面積は事務所扱い
  • ペットの費用:収益が出ているYouTubeのモデルとしして使っている
  • 大型テレビ:副業でやってるライティングで大型テレビのレビューを書く為
  • メガネ、靴:モデルなどの仕事で使う、普段使いをしてないもの

このように自宅で飲むちょっとお高めこだわり珈琲でも従業員の面接時に使ったり、少しでも仕事に必要な要素があれば経費として認められる可能性があります。

また、DAISOなどで買える出金伝票を使ってお金を使った形跡を書いておけば、領収書を紛失してもお金を使ったという証拠なので経費として計上できます。

サンチェ先生

ご祝儀や香典、ワリカンなどはそもそも領収書が出ないので、この方法が良いですね。

ちなみに↑の激ウマ珈琲は私も経費にしてますがちゃんと認められてます。

自分で決めた経費をまとめて税理士に見せる

顧問税理士が付いていて帳簿記入など全てお任せしているのなら、プライベートの支出も含めて全てレシート、領収書を貰って全部紙袋にブチ込んでそのまま税理士さんに丸投げするのが一番ラク。

何に使ったかよく分からない領収書はスルーされる事が多いので、どの仕事でどう使ったかの但し書きをちゃんとしておきましょう。

税理士が付いてない小規模な事業をやってるのなら、タックスアンサーで経費になりそうなレシートを調べて、微妙なものもどのように使ったのかをメモに書いて

ダメ元の盛り盛り帳簿

を作ってください。後で税務署に怒られたらその時修正すればいいんですw

絶対に経費で落ちないもの
  • ✕ 交通違反などの罰金
  • ✕ 住民税 所得税 延滞税 加算税
  • ✕ 賄賂などの違法な支出
  • ✕ 生命保険料 ガン保険料

税務調査が来てしまった場合

法人を設立したら5年くらいで税務調査という、抜き打ち検査みたいな非常に面倒くさい取り調べがあります。

税務調査では帳簿を全て調べられて、その時にほぼ必ず経費かそうでないかの話し合いが行われます。

「この経費はお仕事にこのように使いました」と、一つづつ説明すればいいんですが、それでもやっぱりこちらの言い分を聞いてくれない時があります。

でも安心してください。はいてますよ

仮に経費として計上していた項目が税務署に認められなかった場合でも「申告漏れ」として金額が修正されるだけで罰金等は特に無く、ちょっとした延滞金くらいです。

大型テレビは経費になると勘違いしてました、てへw

ってなノリで修正された申告書分の差額を後ほど納めるだけでいいんです。

税務調査が来なけりゃその分は丸儲けなので、微妙なヤツは取り敢えず全部経費にしておきましょw

ABOUT ME
サンチェ
人材派遣会社の代表社員をしとります。基本在宅ワークでひきこもり。 副業を初めたい方や個人事業主さんを応援するよーってブログです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。