経営・仕事

面接官の心に刺さる質疑応答で内定を奪え

サンチェ先生

こんにちは、起業歴28年のサンチェです。

今回は面接官目線でどういった人材が欲しいのか、採用を勝ち取るにはどうすればいいのかを解説していきます。

面接官はずっと働いてくれる人を採用したい

会社が人を雇うのには何やかんやで一人100万円単位のコストが掛かります。

それに加えて保証、福利厚生などで色々と社員に有利な条件を強いられます。

なので、せっかく雇ってもすぐに辞めそうな人はいくら優秀でも雇いづらいのが本音です。

もし転職での面接なら尚更で、面接官は初めから

「ウチに入ってもまたすぐ辞めるんじゃないかな・・・」

と思ってるワケで、まずはソコを払拭しなければいけません。

あなたが志望理由を聞かれたら間接的にでも

自分は御社で長く働き続けます

と強烈にアピール出来ないと内定は遥か彼方のガンダーラでしょう。

長く働き続けるアピールの一例

  1. 自分が一番何がやりたいのかという最優先事項を伝える
  2. 前の職場ではソレがやりたくても出来なかったのでやむを得ず転職という方法を選んだ
  3. 御社の業務内容だと最もやりたい事が出来ると思うのでずっと頑張れる

②で前の職場の悪口にならないように気をつけて言葉を選んでください。

自分の会社を悪く言う人間だと思われたらその時点でGAME OVERですよ。

経験やエピソードのストーリーを絡める

自分のアピールに説得力を持たせるためには 経験やスキルのエピソードをストーリー仕立てにして伝えると効果的です。

その上で、転職先の会社の業務内容と自分が出来る事&やりたい事がマッチしているから入社したいとその会社を褒めちぎりながら伝えましょう。

私は前の会社で営業職でしたが、広告やメディア作りも兼任していました。

クライアントの為にサイトの企画やWEB制作もしていましたが、会社の方針で営業に専念しなくてはいけなくなり、やる事が作業に思えてきたんです。

どちらかというとデスクワークが得意な方だったので、自分の良さを活かせなくなり転職を考えていたら御社が目についたので応募させてもらいました。

御社ではWEBを通じて広く社会貢献できる素晴らしい業務内容なので、私の得意な分野で仕事として関われたらずっと頑張れると思ったんです。

という感じで私と御社は相性バツグンなのでずっと働けますよ!と面接担当に伝われば内定は目の前です!

自分の欲望の伝え方

入社した後に自分の希望と違った待遇にならない為に、ある程度の要望を面接時に伝えた方がいいのですが、伝え方があまりにストレートだと

なんだコイツ~?

と思われてしまうだけです。

回りくどい言い方をしないといけないのは個人的に嫌いなんですけど、日本特有のお国柄なので仕方有りませんね。

  • 給料を沢山下さい。
  • 残業はしたくありません。
  • 役職が欲しいです。
  • 自分の市場価値を図る大事な指標になるので、お給料は前職以上の金額にこだわっていきたいです。
  • 仕事は就業時間内にキッチリとやるべき事はやってしまう主義なので、残業はなるべくやらずに自分の時間を確保してプライベートでも色々勉強をしていきたいと思ってます。
  • 私の目標として自分のやりたい事をやれる立場を目指しており、人間関係のコントロールも卓越している方だと自負しておりますので一つの課を任せていただきたいです。
サンチェ先生

私は仕事に高い意識を持ってますよ!というニュアンスを加えてる感じ。言ってる事は同じなんですけどね。

近々で転職を考えてる場合は転職エージェントを利用すれば色々な相談に乗ってくれるので便利かもしれません。

ABOUT ME
サンチェ
人材派遣会社の代表社員をしとります。基本在宅ワークでひきこもり。 副業を初めたい方や個人事業主さんを応援するよーってブログです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。