税金

税務調査は必ず来る【大河内薫】

【大河内薫さんの動画を参考にさせていただきました】
ここがポイント
  • 税務調査は法人設立後の3~5年後に来やすい
  • 調査対象は機械じゃなく人間が選んでる
  • 帳簿に違和感があると調査対象になりやすい

まずハッキリと言っておきますが法人なら税務調査は必ず来ます

なんで3~5年後かというと、調査期間が過去3年に遡って行われるからです(悪質な業者だと過去7年に追加されることもある)

設立後1年後に調査してしまうとせっかく来たのに、申告漏れがあっても1年分しか指摘できないのでw

税務署はどうやって調査対象を決めてるの?

調査対象はランダムに選ばれる訳ではなく、実際に税務署の職員が選んでるんです。

調査官は正義感でお仕事をしてるわけではなく、その目的は出来るだけ多くの申告漏れ(もしくは脱税)を見つけて追加の税金を収めさせる事です。

なので沢山の申告書の中から数字の違和感がデカい事業者を優先的に選びます。

  1. 何年も売上は一定なのに急に経費が増えてる
  2. 前年までずっと黒字だったのに今年だけ赤字になってる
  3. 売上が10倍になってるのに利益は前年度のまま
  4. 個人事業主で順調に伸びてるのに法人化していない

これらは違和感ハンパないんですが、自然現象でこうなってしまった場合は仕方有りませんので有りのままを説明すればいいだけです。

その時に経費にする項目の間違いなどの帳簿の書き間違いは申告漏れになり

調査官

間違えちゃったなら仕方ないね。税金追加しときます。

と笑顔で注意され、本来払うべきはずの税金が追加になり罰金も延滞料くらいの軽いもので済みます

帳簿の改ざんなどで税金を誤魔化そうとした場合は悪質なので

鬼の調査官

あらー脱税やっちゃいましたね。重加算税払えゴラァ!

と笑顔で怒られますが 内心はヨッシャー!ノルマクリア 何億円という規模じゃない限りは刑事事件にはならず、追徴課税やお高い罰金を払う事で解決します

ちなみに税金をいくら勉強しようと調査官からみたアナタは税金のド素人です。全ての小細工を見抜く千里眼を持っていますので心当たりがある項目を突っ込まれたら言いづらくても正直に白状しましょう。

やっちゃった人

誤魔化しても時間の無駄でしたw(体験談)

で、その3年後くらいにちゃんと反省して正しく帳簿を付けてるかどうかを再度調べに来ますので、やっちゃった人は心を入れ替えましょうね

ABOUT ME
サンチェ
人材派遣会社の代表社員をしとります。基本在宅ワークでひきこもり。 副業を初めたい方や個人事業主さんを応援するよーってブログです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。