税金

iDeCoをやるべき人とそうでない人【大河内薫】

【大河内薫さんの動画を参考にさせていただきました】
ここがポイント
  • iDeCoとは個人で貯める年金のようなもの
  • iDeCoの目的は儲ける為ではなく節税の為
  • iDeCoは60歳まで原則解約不可能の積み立て投資

今からの日本は高齢化現象が進み、我々が年金を受け取れる年齢になっても思っていた金額を受け取れないかもしれないという状況です。

いやいや、いくらなんでも払った分は戻ってくるでしょ?

NO!年金というのは貯金じゃないのデス!

我々が今払ってる年金は自分の為に貯められてる訳ではなく、今のおじいちゃんおぱあちゃんに支払われるという仕組みなので、将来若者が減ったらその分年金の支給額も減ります。

でも、年金を管理しているGPIFという組織が上手に年金を運用して増やしてくれているのでそう悲観的になる事でもないです。

70兆てw すごすぎw

ただ、これはあくまでも運用で増えているだけで、将来も都合よく増えていく保証はないんです。 なので国は

政府くん

税金を優遇するから自分達でなんとか貯金しておいてよ~(テヘペロ)

っていう感じでiDeCoを実施してます(笑)

優遇というのはiDeCoによって積立投資によって得た利益20.315%が免除されるのと、加えて所得税+住民税も安くなるというモノ。

例えば1000万積み立てたものが60歳になった時に1200万になってたとします。

普通の投資は200万儲かったら税金を引かれて160万しか貰えません。

iDeCoで投資したら200万まるまる取っ払いで貰えます。

おまけに所得税+住民税もちょっと安くなります。

政府くん

その代わり、60歳までずっと貯め続けてね(テヘペロ)

というのがiDeCoの仕組みです。

iDeCoの向き不向き

得する人:普通に生活できていてお金に困ってない人

得しない人:毎日カツカツで生活費にも困ってる人

まとめ:とっても良い制度なので損する人ってのは居ないとおもいますが、生活を切り詰めてまでやるもんじゃないです。

もし初めたいと思ったらSBIネオモバイル証券で申し込みできますので「得する人」だと思ったら迷わず手続きをオススメします!

【関連動画】特にこの2つも見てくれると更に理解が深まります↓

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。